• TOP
  • > 肉割れのレーザー治療メリット・デメリット : レーザーによる治療法

肉割れのレーザー治療メリット・デメリット

肉割れをレーザーで治療できるってご存知ですか?

セルフケアの予防クリームなどに比べると、かなり費用が高くついてしまいますがその分、「肉割れが薄くなった」「妊娠線が目立たなくなった」という嬉しい効果がしっかりと現れている人も結構います。
もちろん効果に個人差はありますが肉割れ治療のメリットデメリットを紹介します。

肉割れ治療!レーザーによる治療法

肉割れ改善の為にいろいろ行っていっても一向にきれいにならない!という人の最終的手段としてメスを入れる手術か、レーザー治療という手があります。

ただ、メスを入れる手術を行うと確実に肉割れを消すことはできますが、かわりに傷跡が残ってしまう可能性が高いというデメリットがあります。この肉割れを消す為にできてしまった傷跡をまた治療するとなると結局トータルで結構な金額になってしまいますし、しかもそれでも完全に元の状態に戻ることはありません。

なので肉割れを消す(目立たなくする)為に行う治療には“レーザー治療”がおすすめです。

どんな方法かというと、レーザー治療にはいくつかの種類があり、その人の症状・状態などによって効果のあるレーザーをいくつか組み合わせるという方法が一般的です。

レーザー治療の効果は、真皮層で起きた繊維断裂の修復を促進させることが目的としているのでターンオーバーを活発にさせて、肌にできてしまっている溝(肉割れ)を中からどんどん治療していくという治療法。

こちらに関しては費用がちょっとかかってしまうのがデメリット。そして効果に個人差があることもその人の年齢や体質(新陳代謝など)も関係してくるので誰にでも確実に効果があるとはいえないところでしょう。

どんなにすごい治療であっても完璧に元のスベスベでツルツルな肌に戻る!ということは最初から期待しない方がいいでしょう。

自分でもできる肌の表皮のケアなどと違い、自分ケアするのは難しい真皮の方の回復を行ってくれるのがレーザー治療のメリットです。肉割れを早く解消させる為には最も効果的な治療だと思います。